20代の転職活動
20代の転職活動

転職するのであれば、若くて元気なうちの20代がいいと思います

転職するのであれば、若くて元気なうちの20代がいいと思います。
応募条件に年齢制限がある場合は、おのずと応募出来なくなってしまうからです。
会社側も、なるべく若い人を雇用して、研修などで教育をして仕事を覚えてもらって、出来るだけ長く働いてほしいのではないでしょうか。
働きながら転職活動するのは、かなりエネルギーを使うと思うので、体力のある若いうちの方が良いかもしれません。20代であれば、多少なりとも仕事の経験があるわけですから、そこで得たことを履歴書や職務経歴書、面接などでアピールすると良いのではないでしょうか。
20代であれば、やる気と若さでまだアピールできると思います。職種や業種が同じ会社に転職するのであれば、仕事の内容なども理解していると思うので、会社にアピールもしやすいと思います。転職サイトに登録して転職したい会社がないかチェックするのも良いかもしれません。

私は20代の頃に食品会社の事務職から美容業界への転職を考え

私は20代の頃に食品会社の事務職から美容業界への転職を考え、ハローワークに通っていました。

初めてのハローワークだったのですが、平日にこんなに多くの人が職業を求めているのかと思いました。
パソコンで最新求人を色々と見ていると、自分の条件にあった求人発見しました。
早速その案件を印刷して、職員の方に紹介状書いてもらいました。

その日の夕方に、紹介状書いてもらった会社から電話が。履歴書を持って来てください。との事でした。
まず、面接。企業によって色々変わるのかもしれませんが、いわゆる普通の面接でした。
その後に、テストのようなものを受けました。
計算問題や漢字テスト、学生に戻った気分で楽しかったのを覚えています。
その後、2、3日後に「採用通知」が来ました。
とても嬉しかったです。
ですが、今はその仕事は辞めてしまいました。
美容業界にものすごく憧れていたのですが、華やかな世界とはいえ、働いている人たちは大変な重労働でした。

注目情報

Copyright (C)201420代の転職活動.All rights reserved.